女性の身体の仕組み

排卵期になると子宮頚管粘液が出るという女性の身体の仕組みは非常に理に適っていると言われています。精子はこの分泌液の中を泳いでいって子宮内へと上がっていき、卵管内で卵子に出会うわけです。子宮頚管粘液がないと精子は子宮内に入っていくことができないのですね。子宮頚管粘液は触るとしっとりした感じで膣壁からの分泌液よりも粘度が高いようです。女性は腔を十分に濡らさないで挿入されると性交痛をともなうものです。しかし排卵期の時期だけは前戯をしないうちから子宮頚管粘液によってある程度濡れた状態になっているようです。性的興奮を高めて膣からの粘液の分泌を促さなくても、女性の側がそれほど感じていなくてもペニスを挿入することができるようですね。子宮頚管粘液のことを中間帯下とも呼ばれたりもするようです。おりもののことですね。臆から流れ出る分泌液全般を指しますが前の生理から次の生理までのちょうど中間の時期、いわゆる排卵の時期に見られるおりものということでこの呼び名があるのです。女性はセックスでイク際、つまりオーガズムの感覚を例えばこんな言葉で表現します。頭が真っ白になる。宙に浮いているよう。体の芯がしびれるよう。などなど。感じ方は色々ですが、女性がオーガズムを感じたときの体の状態は、膣が収縮・痙攣し、血圧や心拍数が上がり、全身の筋肉が一時的に硬直した状態になっているようですね。
ハッピーメール口コミ

運命的な出会いと感じてしまう理由

HLA遺伝子というものがあるわけですが、HLAが違ったほうが多様性のある遺伝子の組み合わせになるので生き残っていく確率が上がると言われます。色んな研究でそのような結果が出ているようですね。100人以上の男女がお互いのTシャツの匂いを嘆いで、快か、不快かの判定をしたところ、HLAの似たタイプの人の匂いは不快に感じ、違っていると快か、何とも感じない、ということになったようですよ。つまり脳は匂いを基準に、HLAの違いを区別している可能性があるわけですね。異性に出会ったとき、そうしたことを鑑みるとHLAの違う異性を運命的な出会いと感じてしまうのかもしれませんよね。自分が直感的に運命的な出会いだと思ったとき、実際にはそのような可能性があるわけです。男女が惹かれるのは現代社会では2つの理由があるのでしょう。 Read More…

男を惑わす女性の匂い

好きになった女性に対して、好きになった理由を相手に気持ちよく伝わる言葉で語るということはとても大切です。それができれば彼女も納得して受け入れてくれる可能性は大いに高まります。また、女の香水や化粧には色んな意味があると言われます。会議室に入っていくと誰もいないのに、ほのかに香水の残り香が漂っていることってよくありますよね。そんな時、男性は色んな思いを巡らせます。どんな美人がいたのだろうかと。時には香りによって男性というのは冷静な判断も狂ってしまいますよね。それほど香りは男にとっては弱点でもあるわけです。それを十分に知っていて香りを使ってくるという女性も多いようです。中世の貴族社会では、女性が脇の下にリンゴの切れ端を挟んで、それを男性に渡していたと言われますよね。男女間には匂いに対する独特の執着や意味があることがそのような話からもよく分かります。 Read More…

言葉というもの

家族と食事をした後、レジで料金を支払うときに係りの人に、おいしかったよ。ありがとうと必ずひと言添えるという人がいました。そして家族にも、今日は一緒に食事ができて楽しかったよ。ありがとうと言うらしいんですね。そのように自然に振る舞える人は間違いなく多くの人に尊敬されるのではないでしょうか。言葉というのは武器にもなり、凶器にもなるわけですね。おい!というような言葉がいかに破壊的かということですね。相手の名前を、さん付けで呼ぶことは、摩擦を生まないコミュニケーションの基本ですよね。 Read More…

何を求めているのか

女性は男性に相談を持ちかける時、相談相手である男性に何を求めているのでしょうか。それは、ただただ話を聞いてもらうことなんですよね。多くの男性にしてみれば、そんなくだらないことなのか、と感じてしまうかもしれませんが、実際にそうである場合が多いんですよね。仕事に関する相談を持ちかけた場合、この女性は本当に会社を辞めるつもりはないし、上司にかけ合う気もない場合が多いんです。理解されない不遇な境過を一緒に嘆いてくれる人を欲しているだけであって、本当に大変だね、その気持ちよくわかるよ、といった感じで心をいたわってくれて話を聞いてもらえれば、それでスッキリするというわけです。翌朝はまた元気に同じ職場に顔を出しているということが多いんですよね。そこで見当違いなアドバイスを送られては、この人は私のことを何にもわかってない、と失望されるだけという場合も多いのですよね。男性であればテストステロンという男性ホルモンの作用によって、白黒をつけることそれ自体が快感であるので、とにかく決着をつけたいという人が多いのです。でも女性は話をすること自体が脳に快感を得られるのであり、決して結論を出したいわけではないのですよね。これは覚えておいて損はないことだと思います。
セックスしたい 優良出会い系サイトで

素敵な出会いを妨げている

相手が母親でも、それと同じことをすればいいのです。このような対応は、処世術としては普通のこと。相手を軽んじることにはなりません。無理に意見を闘わせたところで疲れるだけですし、関係も悪くなってしまいます。知りたがりの友達をさりげなくかわすように、束縛したがる母親の質問も、さりげなく受け流せるように練習しましょう。人に迷惑をかけるようなウソはいけませんが、友達とどこで会おうが、彼とどこでデートしようが、大人なら干渉されるいわれはないのです。もし言わないことで母親が不機嫌になるなら、当たり障りのない範囲で適当に答えておきましょう。小さな子どもではないのですから、報告を義務のように思うのをやめることなんでも母親に話さなければ気がすまないというのは、「母親にはすべてを報告するべき」「母親にはウソをついてはならない」といった子ども時代の「呪い」が、いまだに解けていない証し、あるいは、「誰でもいいから聞いてほしい」という依存の一種かもしれも大切な知恵です。そのような「呪い」が素敵な出会いを妨げているとしたら、それは幸せを損ねていることになりますから。「呪い」を脱して、幸せな出会いと関係を能動的に築けるように、意識して行動しなければならないのです。

さりげなく距離を置く

このような作業をすれば、長い間苦しめられていた「自分にはなんの力も才能もない」というつらい思い(親から与えられた誤解)が、少しずつ晴れていきます。母親といえども、ひとりの女性。そして成人した娘は、自分で判断できる大人です。思春期のように、感情をむき出しにして母親と対時する必要はありません。母親から不本意なことを言われたとしても、それに対していちいち自分の意見を表明し、反撃ののろしを上げなくてもいいのです。たとえばもし、友達からもらったアドバイスが的外れだと思ったとき、どうしますか?「それは違う」「そんな考え方はおかしい」などと、感情的なリアクションは取りませんよね。 Read More…

自信を失っている

結婚にしても、いくら経験者だからといって、アドバイスが100%正しいなんてありえないのです。むしろ、社会人経験を積んできた娘のほうがずっとくわしいジャンル・事柄だって、たくさんあるのではありませんか?「あなたはあれもできない、これもできない。これから一体どうするの?」「私の場合は、これで幸せになれた。だからあなたもこうしなさい」でしょう。そんなふうに責められても、いちいち自信を失わないでください。あなたの母親はどんな人で、どんな能力があるのかについて、冷静に分析してみてください。そして、それがすんだら、同様に自分のことも分析してみましょう。足りないところ、できないものを数えるのではなく、持っているもの、できることを数えるのです。 Read More…

人生の先輩

母親の価値観は絶対ではありません。また、それに背くと不幸になるというのも幻想です。子どもは幼いときから母親の言いつけを守って生きています。いわゆる「いい子」ほど母親の言うことにあらがわず、受け入れてきています。たとえばある家庭では、パートナーには丁寧に話していたり、お父さんがお母さんのことを好きだと言ってはばからなかったりします。ほかにも、いろいろな本、映画、ドラマなど、価値観や家族観を学ぶ対象はたくさんあります。しかし、時代とともに価値観は変わります。そして、母親とは別人格である娘は、自分の望む道へ進むために、ときに母親の意見とは違った選択肢を選ぶことになります。これは、当然のことなのです。母親も、ひとりの女性にすぎません。間違うこともあるし、知らないこともたくさんあります。 Read More…

きっと私も不幸になる

似たような環境に置かれたからといって、同じようになるわけではありません。ですから、「きっと私も不幸になる」という恐れはナンセンスなのです。とはいえ、何か参考にする対象というか、ロールモデルになるような家庭像がないと不安になってしまう気持ちもわかります。親から学ぶのが難しいなら、自分の育った家庭以外を参考にする必要が出てきます。参考にするのは、親戚の家庭でもいいですし、友人の家庭でもいいでしょう。家族仲がよくて素敵だ、うらやましい、と思う家庭があったら、遊びに行って、その家族のコミュニケーションの方法を見たり、価値観や考え方をよく聞いてみましよう。離婚は遺伝だとか、不幸は連鎖するとか、そういったたぐいの無責任な決めつけに心を痛めているのでしょうが、そんな話に耳を傾ける必要はありません。 Read More…

恋愛や結婚をためらう女性

色々と思いを巡らせたところで、両親の本当の思い・夫婦仲は藪のなかですし、娘が責任を感じる必要もないのです。これを言うと、いちばん明快に答えが出せた気になります。「友達とうまくいかないのは、仲のいい家族を見ていないから」「男性とうまくつき合えないのは、親に親らしいことをしてもらっていないから」こういった言い訳は際限なく応用が可能ですから、うまくいかないことがあるたびに、何度も登場し、堂々巡りの原因となります。しかし、似たような家庭環境に育っても、難なく幸せをつかむ人もいますし、同じ轍を踏まないよう上手に生きていく人もいます。幸せな人間関係がほしいと願うなら、「安直なうまくいかない理由」にすがりつくよりまずは一歩を踏み出してみる必要がありそうです。 Read More…

言い訳に使ってしまう

カウンセリング現場では「両親がそんなひどい関係なら、いっそ離婚したほうが子どものためだったのに」と思うケースが多いようです。ただ、以前はいまと違って、離婚はもっと重大な決断であり、女性が経済力をつけるにも制約がありました。もしかするとお母さんは、離婚したくてもできない言い訳を、子どもへ押しつけていただけかもしれません。しかし、そんな大人の事情はともかく、「あなたのためよ」と言われながら冷え切った(ように見える)夫婦関係を見てきた子どもは、とても悲しく、不安になってしまいます。その悲しみや不安は、大人になっても影響します。そういう娘は何かトラブルに直面すると、その因果関係を自分の生育環境の問題点と結びつけたくなってしまうのです。 Read More…

伝家の宝刀

「自分は母親に迷惑をかけている」といった罪悪感を抱く半面、「別に頼んでない」というも頭をもたげるのではないでしょうか。「あなたのためを思って」は、ある意味伝家の宝刀です。「そんなこと頼んでない」と反発すれば、親の厚意を踏みにじったことになり、「この恩知らず」とののしられてしまうかもしれない。では、「あなたのためを思って離婚しなかったのよ」という、母親自身の人生の責任を負わせるような決めゼリフはどうなのでしょうか。娘が重く受け止めているその発言は、もちろん本心かもしれませんが、実は単にイライラして吐き捨てただけのものかもしれません。夫婦仲については、当事者以外わからないことがたくさんあります。 Read More…

自分の選択に責任を取る

自分の選択に責任を取る気持ちがあるのなら、母親が勝ち誇ったように言い放つ、「ほら、見てごらんなさい」「ママの言ったとおりでしょ」という非難の言葉も、恐れる必要はありません。母親に自分の後始末をしてもらうわけではないのですから、知らん顔をして聞き流しておけばいいのです。選択を失敗するリスクは誰にでもあります。しかし、思い通りの結果を手に入れたときの喜びは、何物にも代えがたいほど大きいのです。自分の人生を楽しみ、豊かな恋愛・人間関係を育むためには、母親のそんな「呪いの言葉」から自由になる必要があります。自分にはどんな「呪いの言葉」がかかっているのか。どんな言葉が自分の自由や思考を奪ってきたのか。子ども時代から振り返って、それをよく思い出してみてください。 Read More…

自分は愛されていない

「自分は愛されていない」という強い思い込みからどうにかして自由になるということほど、人生のこれから先、有益になることはありません。母親の言動に縛られすぎると、いろいろな弊害が出てきます。「服、派手すぎるんじゃない?」「その色はあなたに似合わない。変よ」などといった批判にさらされれば、自分の好みの服を選ぶのが怖くなります。さらには、ほとんどすべての母親は、娘のことを真剣に愛している。これは本当です。けれども、母親が娘のためによかれと思って行ってきた言動が、娘を縛り不自由にしているのです。「そんな勉強になんの価値があるの?」「あんな会社に就職して、大丈夫なの?」といった人生の重大な局面で口を出され、おしまいには、「あの彼はちょっと」というあいまいなコメントひとつで、パートナー選びも狂ってしまいかねません。 Read More…